Blog一覧

Kobayashi's Blog

|

2009年11月26日 (木曜日)

恵比寿のワインバーで

シャトー・クレール・ミロン1993

Dsc003901

Dsc00388

Ch.クレールミロンはCh.ムートンとCh.ラフィットに隣接する絶好の位置にありながら、5級の格付けで過小評価されているとか。

ボルドーにしては割とフルーティーなので、締めに飲んだのが、ちょっと濃いめ、ナパバレーのクロ・デュ・ヴァル2005。

2つともカベルネ・ソーヴィニヨンが主体の赤ワインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッドタウンのイルミネーション

ミッドタウンのイルミネーションがとても綺麗でした。日テレが取材に来ていましたが、肝心の汐留の日テレ、不景気のためか今年はイルミネーションが無いようで・・・

Dsc00364

Dsc00380

Dsc00382

Dsc00383

Dsc00385_2

Dsc00387

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金曜日)

「コーラスライン」を見てきました

渋谷の文化村オーチャードホールで開演中のブロードウェイミュージカル「コーラスライン」を見てきました。

実は、去年「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」という映画を見たこともあり、映画と同じキャストか?と期待しましたが、違いました。

しかし、映画もミュージカルも最高でした。

私の場合、劇中の音楽「ONE」を聴くと、ヱビスビールを思い出して、思わず、喉が鳴ってしまいますが・・・

ブロードウェイミュージカルのダンサーを夢見る若者達のオーディションがテーマになっています。

舞台セットは、いたってシンプルで後ろに大きな鏡が備え付けられているだけ。衣装もレオタードなどの地味な衣装ですが、見事な歌声とダンスを披露してくれます。

そして、なんと言っても圧巻は最後に全員が金ピカの衣装で登場し、そろって歌と踊るシーンです。

ここでは、後ろの鏡も急に綺麗にゴージャスに輝き出します。

あっという間の2時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水曜日)

「磨き屋シンジケート」のビアマグカップ

雑誌で紹介されているのを見て、欲しいと思った新潟燕市の「磨き屋シンジケート」のビアマグカップ。

記事によると、今注文してもSサイズで1年待ち、Lサイズで2年待ち、とあるのでどうしようか、と思っていたところ、マイミクで新潟県新発田市で建設業を営んでいる方が送ってくださいました。

それも、なんとLサイズのものです

燕市といえば、洋食器の製造で有名ですが、最近では、iPodの鏡面仕上げで名を上げました。

その燕市の職人集団「磨き屋シンジケート」が限界値までステンレスを磨いて作り上げたのが、このビアマグカップです

とりあえず、洗剤をつけて洗ってみました。そして水ですすぐと、なんと、ほとんど水滴が残らないではありませんか

限界値まで磨かれているため、水滴がすぐに滑り落ちてしまうようです。これには仰天しました

ビールを注いで、口を近づけてみると・・・これがコップの感触?全く未知の領域に達した感覚、まるで、唇をつけているのかつけていないのかわからないほどなめらかな感触でした。

そして、いつまでも残るクリーミーな泡立ちと保温性に優れた二重構造。

マグカップがこんなにも感動を味わわせてくれるとは

撮影すると、どうしてもカメラが写り込んでしまいます。

Dsc00353

Dsc00355

磨き屋シンジケートのマグカップの詳細は以下から。

http://www.migaki.com/brand/secret.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火曜日)

ワインセラーを購入♪

Dsc00340

Dsc00342

Dsc00344

ワインショップの人から、「冷蔵庫は、冷えすぎて熟成が進まないし、乾燥しすぎて呼吸ができないから、冷蔵庫に入れるぐらいなら、常温で暗いところに置いておいた方がいい。」と言われました。

と言われても、真夏の日中30℃以上になる室内に放置する勇気がなくて、ついに、ワインセラーを購入しました

といっても、6本しか入らない小さなワインセラーですが・・・

エノテカで、ワインセラーを購入したらデイリーワイン3本がおまけで付いてきました。

結構、お買い得かもしれません。

【期間限定!サマーキャンペーン】【送料無料・デイリーワインプレゼント】デバイスタイル社6本...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金曜日)

バ、バカラのワイングラスが・・・

悲惨なことになってしまいました。

自分の不注意が招いた結果とは言え・・・悔しいですっ

Dsc00324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水曜日)

オーパスワンをゲット

Dsc00322

オーパスワン(OPUS ONE)2005が エノテカのメルマガに、メルマガ会員特別価格というアナウンスがあり、即注文。

在庫は50~60本ぐらいあったようですが、3日ほどで売り切れてしまいました・・・

小売り店で買うと通常30,000円ぐらいするのが18,000円これはかなりお買い得です。

ちなみに2005年のオーパスワンがどのようなものであったか、というと、

春の長雨が続いた5月

5月の記録的な降雨により、気温が低い状態が続き、オーパス・ワンの畑がこれまで経験してきたブドウの成長のサイクルの中でも最も開花から収穫初日までが長く、葡萄の成熟が非常に遅い年となりました。厳選した畝の間のカバークロップとキャノピー(葡萄の樹冠)の短い枝により夏の間は適度な水分が与えられ、バランスのよい葡萄の樹と果実が健やかに育ちました。

7月から10月にかけての例年の熱波が襲来しなかったことで、収穫は年に比べ丸一か月遅く、9月21日に始まり11月2日に終了しました。

オーパス・ワンは、若いうちから非常に豊かな表情を見せるワインですが、2005年もまさにそれがよく表れたビンテージです。艶やかガーネット色の2005オーパス・ワンは、濃縮したブルー・ベリー、バラの花びら、白トリュフ、リコリス、ナツメグなどの香りがあり、柔らかい飲み口と舌ざわりが、しなやかなテクスチャーと果実味、酸を見事に表現しています。

またカシス、黒オリーブ、ラズベリー、ダークチョコレートのフレーバーにより余韻が長く魅力的な最高のフィニッシュを味わえます。

アッサンブラージュプチ・ベルド3%、マルベック1%
各構成品種は醸しと発酵の段階で平均約29日間のスキンコンタクトを経て、
その後フレンチオークの新樽で18ヶ月樽熟成しました。

以上は、エノテカオンラインによる紹介です。楽天ショップは以下から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土曜日)

車のナンバーカバーがやっと禁止

asahi.com(朝日新聞社):車のナンバーカバー全面禁止 見えにくくしたら罰金 - 社会

車のナンバープレートにかぶせるカバーがやっと全面禁止に

どうして今まで、こういうふざけた行為が見逃されてきたのか、と思います。

透明なものならともかく、濃い色の付いたものまであり、とてもナンバーが読みづらい・・・

それから、大型車に多い、ナンバープレートを傾けたりして見えにくい状態で設置するのも禁止されます。

これまた、やっと施行か、と思います。

ちなみに上記の状態を放置すると50万円以下の罰金とか。

これで、ナンバープレートにカバーをつけるバカがいなくなることを祈ります。

バカと言えば、最近とみに多いのが、右折時に車を左に寄せるバカです。こういうバカにも困ったものです。

右折の時には車を右に寄せなければならないのがわからないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土曜日)

やっと手に入れた「ハイボールセット」

近頃ブームのハイボール。サントリーから「ハイボールセット」なるものがコンビニ限定、数量限定で去る6月9日に発売されました。

ということで、近所のコンビニを探し回りましたが、どこへ行っても置いてておらず、もう売り切れてしまったか、とあきらめていたところでした。

今日、立川南口のアレアレアに初めて入り、ラーメンを食べた帰り道、ひょっとすると、と思い立ち、ファミリーマートへ入ってみると・・・

ありました、ついに見つけました、ハイボールセット

980円と、とても安いので不思議に思っていましたが、買って納得しました。角瓶が380ミリリットルと、とても小さいんです。

Dsc00315

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木曜日)

インドの青鬼

ものすごく苦くいビールです。アルコール度数も7度!!

深いコクもあり、ビール好きにはたまらない味わいですが、万人受けするものではありません。


限定醸造なのでビール好きな方はお早めに・・・ああ、もう売り切れてしまったようです

限定醸造「インドの青鬼」24缶<送料無料>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ベアレン「濃厚ライ麦ビール」