« 初めての育児休業で100万円、「中小企業子育て支援助成金」が創設されました | トップページ | 事務所のパソコンを新機種に »

2006年5月 1日 (月曜日)

労働保険年度更新用の電子申請プログラムは使い勝手が悪い

 今年から顧問先の労働保険年度更新が電子申請できるようになったとのことなので、時間を見つけてはせっせと打ち込んでいます。

 ところが、この電子申請、決して使い勝手がよろしくない。事業所1件の申告ごとに大文字と小文字が混在する16桁ものパスワードを何度も入力しなければならないし、厚生労働省のサイトにアクセスして労働保険番号とアクセスコード(これがまた英数字とローマ字の混在)を入力して労働保険概算・確定保険料申告書の印字情報をダウンロードしても、事業所の名称や住所まではダウンロードできず、結局、コチラで作成済みの申告書のデータを全て手入力しなければならない。

 特に閉口したのは建設業の年度更新です。一括有期事業報告に別紙が2枚もあるともう大変です。保険料の申告書の他に一括有期事業報告、別紙、一括有期事業報告、更に総括表まで入力しなければなりません。それもすでに作成済みの用紙とにらめっこで、いちいち全部の数字など入力しなければならないのです。

 これでは、作成したものをまとめて郵送した方がよほど早い。今年は初めてということもあり、試しに電子申請してみましたが、来年もこんなに使い勝手が悪いようだと、考え直さなければなりません。

人気blogランキングへ

|

« 初めての育児休業で100万円、「中小企業子育て支援助成金」が創設されました | トップページ | 事務所のパソコンを新機種に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15521/9849688

この記事へのトラックバック一覧です: 労働保険年度更新用の電子申請プログラムは使い勝手が悪い:

« 初めての育児休業で100万円、「中小企業子育て支援助成金」が創設されました | トップページ | 事務所のパソコンを新機種に »