« やっと電子申請による算定基礎届の提出が終わりましたが | トップページ | 東京都内約300箇所の建設現場を対象に一斉監督指導を実施 »

2006年7月13日 (木曜日)

20代後半女性の労働力率が晩婚・晩産化で上昇

NIKKEI NET:経済 ニュース

 25―29歳の女性の労働力率(有業者と失業者の合計が人口に占める割合)が上昇しているのは、大半が女性の晩婚化や非婚化、出産時期が遅くなる晩産化が原因との分析を内閣府がまとめた。

 出産・育児を機に仕事を辞める女性が増える「M字カーブ」が改善したのは見かけだけで、女性の仕事と子育ての両立が進んだわけではないと指摘しています。

 今後は30代40代の労働力率も上昇することでしょう。
 
 M字カーブは、出産・育児期の女性の労働力率が他の年齢層より落ち込む現象を指し、出産・育児を機に退職せざるを得ない女性が多いのが原因となっています。

 ところが出産・育児を積極的に支援している企業の方が業績も向上しているようですし、未だに女性は結婚・出産したら退職すべきだ、との古くさい考えかたから脱却できない企業(いや、結婚や出産を機に退職する女性労働者もいることは確かですが)は今後業績を上げることはできないでしょう。

|

« やっと電子申請による算定基礎届の提出が終わりましたが | トップページ | 東京都内約300箇所の建設現場を対象に一斉監督指導を実施 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15521/10918369

この記事へのトラックバック一覧です: 20代後半女性の労働力率が晩婚・晩産化で上昇:

« やっと電子申請による算定基礎届の提出が終わりましたが | トップページ | 東京都内約300箇所の建設現場を対象に一斉監督指導を実施 »