« 下町親父度診断をやってみました | トップページ | またまたまた六本木のカスク(CASK)へ »

2006年9月16日 (土曜日)

一時停止の標識が消えた・・・?

 私の家から車で5分程度のところに一時停止の三叉路があります。見通しが良く、きちんと一時停止する車は稀にしかないようなところです。

 その道は20年以上も車で通っていましたが、スピードを緩める程度できちんと一時停止したことはありませんでした。ところが1年ぐらい前でしたでしょうか、いつもの通り、きちんと一時停止せずに通り過ぎようとしたところ、後ろからパトカーが・・・「前の黄色い車、左に寄せて止まりなさい」と高圧的な音声が・・・

 ひゃー、やってしまった、と思いつつ「パトカーの中に入りなさい」とまたまた高圧的に言われました。「おっ、パトカーの中に入れるんだな、うれしい」などとバカな考えがほんの少し頭をよぎりました。

 さて、パトカーの中では職業は何か?指紋を押せ、などとまるで犯罪者扱いされました。

 それからというもの、その三叉路では完全に一時停止してパトカーがいないことを確認してからソロソロとスタートするようになりました。

 そして数ヶ月前のことです。なんと一時停止の標識が消されているではありませんか。道路の白線も消されています。きっとここは一時停止する意味がないことに警察も気がついたのでしょう。

 警察もひどいもんですね。一時停止する必要がないところで取り締まったり、スピードを出しても安全なところでねずみ取りをしたり。

 もっとも、本当に危険なところでは誰でも一時停止するでしょうし、スピードも落とすでしょうから、捕まる人もいませんからね。

 1人でも確実に捕まえようと思ったら多くの人が違反しそうな場所で取り締まるしかありません。

 安易な考えですね。

 そういえば、昨日か一昨日、ネット上の記事に記載がありましたが、取り締まるなら郊外のスナックの駐車場に覆面で張り込んでいて欲しい。

 郊外のスナックと言えば駐車場が設置されていることが多く、酒を飲んで運転して帰る酔客も多い。

 私は以前某村の会社に出向していたことがあり、そこのスナックにも駐車場がありました。皆、車でやってきては酒を飲んで車を運転して帰路につきます。

 その村では駐在さんまでもが車でスナックにやってきては酒を飲んで車で帰って行くのです。ひどいもんですねえ。まさか、今ではそんなことはしないと思いますが・・・

|

« 下町親父度診断をやってみました | トップページ | またまたまた六本木のカスク(CASK)へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15521/11944103

この記事へのトラックバック一覧です: 一時停止の標識が消えた・・・?:

« 下町親父度診断をやってみました | トップページ | またまたまた六本木のカスク(CASK)へ »