« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006年10月25日 (水曜日)

ボージョレ・ヌーボー、ビール似合う有名人は?

リンク: asahi.com:ボージョレ・ヌーボー、ビール似合う有名人は?�-�ビジネス.

キリンビールは24日、今年は11月16日が解禁日となる仏産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が似合う大人の俳優は男性が石田純一さん、女性は黒木瞳さんとの調査結果を発表した。

石田純一ですか。女性は黒木瞳さん。たしかに黒木瞳さんと乾杯してみたたいものですが・・・

でも、ホッピーと焼酎と熱燗が似合う有名人?と言ったらなんと言っても吉田類さんですね。

一度でいいから吉田類さんと一杯やってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金曜日)

右左折のルール知らず

本日の日経夕刊で俳優の児玉清氏が「我関せず人間」と題するコラムを書いています。最近、右左折する際に方向指示器を出さないで曲がる車が増えていることに苦言を呈しています。

確かに右左折する際に方向指示器を出さない車が多くなりましたが、他にも気になることがあります。それは信号が青に変わってから方向指示器を出したり、曲がり始めてからようやく方向指示器を出す車が増えたこと。

もう一つ、右折するのに左側に寄る車が非常に増えました。こちらはまっすぐ通り抜けようとしているのに右折車が左側によっているものだから通り抜けられない。

不思議な行動をする車が増えたと思います。

あ、まだありました。トンネル内でヘッドライトはおろかスモールすら点灯しない車が多くてびっくりします。アブナイったらありゃしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月曜日)

ほぼ日手帳

ほぼ日手帳

来年のほぼ日手帳が13日に届きました。来年はナイロン製のカバーにしてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日曜日)

いじめの記憶は一生消えません:福岡いじめ自殺:生徒、当日5回も「死にたい」と話す

リンク: 福岡いじめ自殺:生徒、当日5回も「死にたい」と話す-事件:MSN毎日インタラクティブ.

福岡県筑前町の町立三輪中2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した問題で、同中の合谷(ごうや)智校長らが14日記者会見し、生徒が自殺した11日に授業時間中や昼休みなどに計5回、「死にたい」と話していたことを明らかにした。

いじめる方は何が楽しくていじめているのかわかりませんが、いじめられている方にしてみれば、死にたくなるほど辛い気持ちになるのはわかります。

かくいう私は幼稚園から小学校、さらには中学までいじめられてきました。3月の下旬に生まれたこともあり、中学に入学するまではクラスで一番のチビでした。

気は優しくて力なし、いじめっ子の格好の標的です。

自殺こそ考えませんでしたが、本当に辛い毎日を送ったこともあります。

自殺する子ども達の気持ちも本当によく分かります。ただ、いじめは学校を卒業すれば終わるのです。中学の3年間が終われば確実に終わるのです。長い人生に比べればほんの一瞬です。我慢しましょう・・・とは言っても・・・

その3年間が我慢できずにいじめられっ子は自殺してしまいます。あともう少しです。もうちょっと我慢すれば学生時代は終わるのです。

そうは言ってもいじめられっ子の気持ちはいじめられっ子にしか理解できません。私もいじめっ子に対しては今でも恨みを持っています。

一度でいいから彼らを思いっきりぶん殴りたいと思います・・・今でも・・・

中学生時代の感受性が極めて鋭かった思春期の思い出は消し去ることができません。本当に消えないのです。これはいじめられっ子にしか理解できない感情でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »