« 正月に読んだ本その4、沈める滝 | トップページ | サントリーが新発泡酒を発売 »

2007年1月 8日 (月曜日)

元禄酒

元禄酒

青梅の小澤酒造のお酒です。元禄時代の酒を古文書を頼りに再現したものです。このお酒は小売店には殆ど並ばないので、毎年酒屋のお客さんに注文して買います。

精米歩合はなんと88%。殆ど精米していません。純米酒らしいコクがありますが、濃厚な甘口です。物の本によると「ふかした芋のような甘さ、ヨーグルトに似た酸味等、様々な味が渾然と溶け込むが舌離れは軽く旨味が余韻を形成する」とあります。

新版 Tastes of 1635 日本酒ガイドブック
松崎 晴雄
柴田書店
売り上げランキング: 337022
おすすめ度の平均: 4.0
4 日本酒好きには必携の本

|

« 正月に読んだ本その4、沈める滝 | トップページ | サントリーが新発泡酒を発売 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15521/13391250

この記事へのトラックバック一覧です: 元禄酒:

« 正月に読んだ本その4、沈める滝 | トップページ | サントリーが新発泡酒を発売 »