« JTが「禁煙反対」の組織票、ネットアンケートに社員動員してまで!! | トップページ | ハゲタカ »

2007年2月16日 (金曜日)

根拠がない血液型性判断

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 理系白書.

昨夏、「怖いくらい、よく当たる」と、インターネットで話題になったサイトがある。「究極の血液型心理検査」。指示に従っていくつかの質問への答えと血液型を入力すると、「あなたの性格」が表示される。6~9月の97日間に483万人が訪れ、9割近い432万人が検査結果を「当たっている」と答えた。

実はこれは、だまされる心理」を巧みに使ったニセ検査だったのです。現在では、ニセ検査であることも含めて「種明かし」が載せられています。

仕組みは占いの本に出ている「性格」を適当に組み合わせ、回答者の答えに関係なく表示するだけで、誰にも該当するようなあいまいな内容を「自分に当てはまる」と思い込む現象は、心理学用語で「バーナム効果」と呼ばれるそうな。

このサイトを作ったのは作家の松岡圭祐さんで昨年には、血液型性格判断ブームが過熱し、「協調性がない」とされたB型の人への偏見や差別が広がった近未来の社会を描いた近未来フィクションの「ブラッドタイプ(血液型)」を出版しました。

70年代に血液型による性格判断がブームになったことがあります。勿論科学的には何の根拠もなく、出鱈目な性格判断です。

私は当時から血液型で性格が決まるわけはないと思ってブームを苦々しく思っていましたが、未だに初対面で「血液型は何型ですか?」などとくだらないことを聞いてくる人がいるのに閉口します。

ブラッドタイプ
ブラッドタイプ
posted with amazlet on 07.02.16
松岡 圭祐
徳間書店
売り上げランキング: 1170
おすすめ度の平均: 5.0
5 小説の世界を現実で決着させる
5 強力タッグ
5 娯楽性バツグン!

|

« JTが「禁煙反対」の組織票、ネットアンケートに社員動員してまで!! | トップページ | ハゲタカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事