« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

2007年7月31日 (火曜日)

粋生 IKINAMA<辛口生発泡酒>

粋生 IKINAMA<辛口生発泡酒>

これは香港の発泡酒です。粋生シリーズは近所のディスカウント店でいろいろと売っているのでお金がないときに買います。

これは結構安いんですよ。

楽天では下記で買えます。

粋生 IKINAMA<辛口生発泡酒>355ml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カザマッタ ビアンコ [2005]

カザマッタ ビアンコ [2005]

取引先から頂きました。苦みが強いので焼き肉に合いそうですが、私はただひたすらに飲みました。そうです、何も食べずに・・・

楽天だと下記のリンクから一番安く買えそうです。

カザマッタ ビアンコ [2005]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポンプレミアム

ニッポンプレミアム

キリンのニッポンプレミアムです。国産の麦芽とホップを使用しているので安心?味わい深いはずですが、酔っぱらった後で飲んでもわかりませ~ん。

ちなみに楽天だと下記のリンクから注文すると一番安い!!
キリン ニッポンプレミアム 350ML×6缶パック

参考リンク
KIRIN_ニッポンプレミアム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土曜日)

不思議な感覚

高校時代に英語の先生が仰いました。「高校時代の友人は大切にしろよ。社会に出たら高校生のときのような友人はできないぞ」と。

たしかについ最近までその通りだと思っていました。ところがどうでしょう。40代も後半になってから次々と新しい友人ができています。

人脈も着々と広がっています・・・ただし仕事には直接結びつきませんが・・・

必ず死が待ち受けている人生、その人生も後半を過ぎ、酸いも甘いも味わってきた者同士ならではの共感もあります。

しかし、殆ど酒つながりっていうところがなんとも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタ・ヘレナ・カベルネSanta Helena Cabernet Sauvignon

サンタ・ヘレナ・カベルネSanta Helena Cabernet Sauvignon

BSiの世界銘酒紀行で紹介されていたので、早速近所の酒のディスカウント店へ行ったら、ありました。1種類だけ・・・

世界銘酒紀行は毎週ほぼ欠かさず見ています。この番組を見た後は紹介されたお酒を必ず、飲みたくなります。ナレーションが実にいいんです。本当に美味しそうに紹介するんですよ。

そこで、先日の放映で紹介されていたチリワインを探して近所のディスカウント店でへ。そしたら、ありました、1種類だけでしたが。

1000円ぐらいでしたので迷わず購入、そして今日飲みました。勿論全部。こりゃ値段の割に美味しいですよ。2006年と新しいワインですが深みのある味わいが楽しめます。

ワインって値段だけじゃありませんね。勿論高価なワインはそれなりに深みがあり複雑な味わいが楽しめますが、価格を考えれば当たり前のこと。

安くて美味しいワインこそ、本当に楽しめます。

ちなみに楽天だと下記が一番安いです、是非お買い求めください。

サンタ・ヘレナ・カベルネSanta Helena Cabernet Sauvignon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金曜日)

ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉

ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉」

限定品に弱い私は、早速買いました。ヱビスの黒と似た味がします。 ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉 ザ・プレミアム・モルツ ビール サントリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めて“世界の山ちゃん”へ

013

昨夜、初めて“世界の山ちゃん”へ行きました。週末でないにも係わらず広い店内は超満員。予約せずに入ってきた女性3人組が入店を断られるほどでした。

てっきり手羽先料理専門のお店だと思っていましたが、豊富なメニューに舌鼓を打ちました。一人2,300円弱で済んだのが驚きですが・・・私は自分の分は絶対に3,500円分は飲み食いしたと思います。皆さんは話しに夢中であまり飲食に集中していませんでしたからね。

最近はなぜか超大企業の管理職のかたと知り合ったり飲んだりする機会が多いです。左側の3名が超大企業の方で手前の2名は会社は別ですが、2社ともビジョナリー・カンパニーで有名な会社です。

手前のかたはオーディオで有名な日本のメーカーで、その奥のかたは外資系コンピュータ会社、一番奥のかたの会社では新幹線を作っています。もう、おわかりですね。

紅一点のかたは来年オープンするクッキングスタジオ準備中、私の後ろのかたは渋谷で会社を経営しています。

しかし、皆さん40代ですが大きな子供が2人も3人もいてびっくりです。26才のお子さんがいらっしゃる方もいました。もし、孫がいる、なんて聞かされたら私のショックはいかほどだったでしょうか・・・

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007年7月25日 (水曜日)

久しぶりにギロチン

ギロチン
いつも行く酒のディスカウント店に珍しく置いてあったので、買ってきました。ベルギーのビールでアルコール分は9度。

ちょっとクセのある味なので空きっ腹にはこたえます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金曜日)

音楽のある風景

MXテレビとBS日テレで放映している音楽のある風景という番組があります。演歌やフォーク、オールディーズといった様々なジャンルの曲ごとに製作した懐かしのCD全集を宣伝する番組です。30分丸ごとCMといった感じですが、懐かしくていつも聴き入ってしまいます。中でも・・・

続きを読む "音楽のある風景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火曜日)

Blog一覧

Kobayashi's Blog

|

2007年7月15日 (日曜日)

安倍さんと小泉さん

就任当初は小泉総理の後継者として高い支持率だった安倍総理。ところが最近は安倍総理の支持率はがた落ちだそうで。一体何故か・・・?

続きを読む "安倍さんと小泉さん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金曜日)

坊主頭は気持ちいい

Photo_2

我が生涯二度目の坊主頭、こりゃ気持ちいいですな。数ヶ月前に散髪した際に、「うんと短くしてください」と言って坊主頭にされてしまったのが最初。

続きを読む "坊主頭は気持ちいい"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水曜日)

ブルーノート東京でマリーンライブ

009_2

日曜日にブルーノート東京(BLUE NOTE TOKYO)にマリーンのライブを聴きに行ってきました。整理券は3時から発行ですが、1時前にブルーノートに到着しました。まだ早いから誰も並んでいないのでは、と思い、のんびり写真など撮ってから中にはいると・・・

続きを読む "ブルーノート東京でマリーンライブ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シングルカスク余市1991

シングルカスク余市1991

7月7日に六本木のカスク(CASK)に行ったついでに前々から気になっていたシングルモルトをついに手に入れました。カスク3周年記念オリジナルのシングルモルト「シングルカスク余市1991」です。アルコール度数は62度、百数十本限定生産で、残りわずか、21,000円もしましたが、もう手に入らないかもしれないと思うと、我慢できません。

続きを読む "シングルカスク余市1991"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月曜日)

久々に六本木カスク(CASK)訪問

002

土曜日に行ってきました。去年の暮れ以来です。

続きを読む "久々に六本木カスク(CASK)訪問"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金曜日)

自殺するのは勝手ですが

私も自殺を考えたことがないわけではないので、というよりも20代の頃は毎日自殺を考えていました。

続きを読む "自殺するのは勝手ですが"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木曜日)

御徒町の淡竹(はちく)で飲みました

昨日の水曜日、最近知り合った方々と御徒町で飲みました。左のお二人は某大企業の管理職のかたで、右側の若いかたは某外資系生保の営業マンです。左のお二人は私と同世代ですが大学生のお子さんがいらっしゃるとか・・・これはショックですね。もし、孫がいる、なんて聞いたらもっとショックでしょうね。

淡竹(はちく)

飲んだ場所は御徒町駅近くの淡竹(はちく)という韓国料理のお店です。

淡竹(はちく)

チヂミやがとても美味しく、またキムチと豚バラ肉を鉄板で焼くキムチサンギョプサムが、これまた旨いのなんのって。しかも安い!!一人当たり3,500円ぐらいで済みました。

店内は水曜日だと言うのに7時過ぎには満員になってしまい、後から入ってきた人たちは残念そうに出て行かれました。

聞くところによると金曜日は予約でもしないととても入れないということです。安くて旨いんだから当たり前かもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日曜日)

公務員の賞与返納はどこか変

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 発信箱.

 「国民の信頼を裏切ったことは上下、関係ない。行政をあずかる人すべてに責任がある」(村瀬清司・社会保険庁長官)との理屈で、安倍晋三首相から末端の職員まで約1万7000人が、賞与の一部を返す。

今年の春までに定年退職した職員はホッとしていることでしょう。社会保険庁のいい加減さは今に始まったことではなく、ずっと昔からの積み重ねが今回の事態を招いたことを考えると、なぜ村瀬長官や安倍総理が賞与を返納するのか?

続きを読む "公務員の賞与返納はどこか変"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »