« 御徒町の淡竹(はちく)で飲みました | トップページ | 久々に六本木カスク(CASK)訪問 »

2007年7月 6日 (金曜日)

自殺するのは勝手ですが

私も自殺を考えたことがないわけではないので、というよりも20代の頃は毎日自殺を考えていました。

今日届いた宋文州さんのメルマガで彼は子供を道連れにした自殺を厳しく批判しています。

彼はメルマガの中で、自殺すること自体、人間の未熟の証明で、死によって解決されると思われる問題は間違いなく生きていても必ず解決できる問題であり、自己改革を放棄し、未来を過剰に暗く解釈する人間は自殺の衝動に駆られるが、はっきりいってこれは「逃げ」であると指摘しています。

また、一万歩をひいてどうしても自殺したいならば、せめて他人を巻き込まないでほしい、特に無限の信頼を寄せている子供たちを殺す行為は詐欺罪に殺人罪を足したようなものであるとしています。

他人を巻き込むと言えば、電車への飛び込み自殺は本当にひどいと思います。車内放送でも「ただいま、人身事故がありましたので電車が遅れています」なんてオブラートに包んだような言い方はやめて欲しい。

はっきりと「ただいま、飛び込み自殺がありましたので電車が遅れています。多くの乗客に多大な迷惑をかける飛び込み自殺は絶対にやめてください。」とアナウンスしてもらいたいと思います。

本当に飛び込自殺って迷惑極まりない。自分勝手の極地ですね。自殺するなら誰もいない樹海で首を吊るとか、毒を飲むなどしてもらいたいと思います。

先日も松岡農水大臣が議員宿舎で首を吊って自殺しました。彼も本当に自分勝手な人間でした。首を吊って自殺した部屋なんてもう誰も入居しないでしょう。首を吊るなら実家で吊ってくれ、と言いたくなります。

私は石原都知事を支持していますが、彼が自殺した農水大臣を「彼は武士だった」なんて美化する発言をしていたのに驚きました。彼は武士でもなんでもない、ただの身勝手なバカに過ぎないのに。

|

« 御徒町の淡竹(はちく)で飲みました | トップページ | 久々に六本木カスク(CASK)訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に、人を巻き込むのだけはやめてもらいたいですね。

投稿: 酔っ払い | 2007年7月 8日 (日曜日) 午前 06時50分

自殺は人間の最後の自由ですが、自分以外を巻き込むなという意見には賛成です。

青森で殺された子どもの一人は抵抗した跡があったそうです。どんなに生きたかったことか…

投稿: フレンチフリゲート | 2007年7月 7日 (土曜日) 午後 08時15分

私は武士の切腹は卑怯だとは思いません。松岡氏の自殺とは根本的に何かが違うと思います。

うまく言えませんが、現代とは生き方も思想も全く違う社会で(もちろん現代でも通用する思想もありますが)、切腹がひとつのけじめのつけかたであった時代とは比較できないと思います。

当然、信長は武士であり、私は尊敬しています。

ただ、切腹してもらいたい人は沢山いますけどね・・・

投稿: ヨッパライ | 2007年7月 7日 (土曜日) 午前 01時52分

わたしも自殺を考えたことはあります。
つい数年前の話ですが・・・。

出版社とか著者とかわかりませんが、
『自殺のコスト』って書籍が出てると思います。

それを立ち読みして、
自殺という行為自体、経費がかさむことを
実感した次第です。


松岡さんは残念でしたね。
政治家として、特に好きとか嫌いとか、
考えたことはありませんが、
この選択は、個人的には卑怯だと思ってます。


そういえば、昨年の話ですが、
友人の結婚式(授かり婚)のため、
京都に出向いた際に、
本能寺に行ってきました。

織田信長は「武士」として認めてもOKですか?
わたし的には、OKなんですけど・・・。


投稿: 神田の酔っ払いA | 2007年7月 6日 (金曜日) 午後 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15521/15671450

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺するのは勝手ですが:

« 御徒町の淡竹(はちく)で飲みました | トップページ | 久々に六本木カスク(CASK)訪問 »