« けじめと丸刈り、何を言ってんだか | トップページ | 越の華純米吟醸“雪のしずく”古酒1993年 »

2007年10月22日 (月曜日)

ちがさき粋酔会一周年記念

生まれて初めてでしょうか、茅ヶ崎駅に降り立ったのは・・・もしかすると遠い遠い昔のずーっと大昔の少年時代に降りたことがあるかもしれませんが記憶にはありません。

昔々の若かりし頃には何度か近くをドライブしたことはありますがね。

今回は利き酒会なのでクルマで出かけるわけにはいきません。家を10時頃に出て秋川駅から五日市線で拝島、拝島から八高線で八王子、八王子から横浜線で橋本、橋本から相模線に乗り継いで茅ヶ崎に着いたのは12時14分。

駅の天丼てんやにて野菜天丼で腹ごしらえをしてから、利き酒会会場の茅ヶ崎市民文化会館へ。

ちがさき粋酔会一周年記念「注目の蔵元大集合!IN茅ヶ崎!!」【美味しく進化した日本酒を味わう回】がいよいよスタートです!!

午後1時半からシンポジウムです。全国9カ所の蔵元さんが、酒造りにかける想いなど主催者の江澤さんの司会で一人ずつ語られました。

驚いたのは、どの蔵元さんも実に話が上手だったことです。相当話慣れていることは確かです。社長さんはじめ経営幹部の方々なので従業員に向かって語ることも多いと思いますが、多くの聴衆に向かって語ることも多々あるのでしょう。

司会進行も巧みで、まるでリハーサルでもやったのでは?と思われるほど、ほとんど制限時間ぴったりの3時近くに終了。これにも驚きました。

↓これは3時から始まった利き酒会会場設営の様子です。

006

↓これは利き酒会の様子です。

007

↓これはたぶん帰るときに写したた茅ヶ崎駅です。写した記憶がありませんが・・・

008

そして、茅ヶ崎から相模線に乗りました。乗り換え駅は終点の橋本なので安心して居眠りを始めたら・・・目が覚めると何故か車内アナウンスで「この電車は茅ヶ崎行きです」などと言っているではありませんか???

最初は意味が解りませんでした。橋本行きが茅ヶ崎行きに変更になったのかな?そんなバカなことがあるのか?腕時計を見ると橋本に到着するはずの時間を20分も過ぎているではありませんか?ま、まさか終点から引き返したのでは?

ことの重大さ?にようやく気がついてあわてて次ぎの駅で降りてホームの反対側の橋本行きに飛び乗りました。

それからは酔って働きの悪いアタマがさらに悪くなってしまったので、必死に吐き気をこらえながらなんとか起き続けて秋川駅に7時半頃到着しました。

いつもつくづく思うのは、酔ったときに長時間電車に揺られるのは辛いっ!!本当に辛いっ!!電車の揺れと空気のよどみと人いきれで吐き気をこらえるのが大変です。

今回の利き酒会では早いペースで飲みまくったのがいけなかったんですね。何しろ一番最初に飲んだ広島の藤井酒造の「龍勢備前雄町」が衝撃的な美味しさで、そのほかの蔵元も美味しかったはずなのに、最初の藤井酒造で何杯も一気に飲んだのが災いして、最後のほうでは味が解らなくなってしまいました。蔵元さん申し訳ない。

それにしても日本には個性的な美味しい日本酒を造る小さな蔵元が一杯あるんですね。日本全国蔵元をめぐる旅、なんてしてみたいものです。

|

« けじめと丸刈り、何を言ってんだか | トップページ | 越の華純米吟醸“雪のしずく”古酒1993年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15521/16841056

この記事へのトラックバック一覧です: ちがさき粋酔会一周年記念:

« けじめと丸刈り、何を言ってんだか | トップページ | 越の華純米吟醸“雪のしずく”古酒1993年 »