« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

2007年11月29日 (木曜日)

女子高生は本当にうるさい

秋○駅に午後3時過ぎに乗車するときには相当の覚悟が必要です。ホームも電車内も東○台菅○高校の生徒であふれかえります。

一体何デシベルの騒音でしょうか?ホームも電車内も蜂の巣をつついたような大騒ぎです。男子高校生はまだましですが始末に負えないのは女子高生です。

ギャーギャーキャーキャー本当に騒々しい。小学生の遠足よりうるさいぐらいです。

すると車内放送が聞こえてきました「車内の高校生にお願いがあります。ホームで走り回るのは大変危険です。ペットボトルや空き缶、食べ物の包み等は車内やホームに捨てずに持ち帰りましょう。また、車内では他のお客様の迷惑になりますのでお静かにお願いします。」

そんな放送など騒いでいる本人達は全く聞いていません。嗚呼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水曜日)

メキシカンフード&バー「エル・アルボリート」へ

毎週火曜日全5回にわたる法律セミナーが終わり、最終回終了後は懇親会です。会場は神保町のメキシカンフード&バー「エル・アルボリート」です。

014

続きを読む "メキシカンフード&バー「エル・アルボリート」へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月曜日)

私は空気が読めるか?

リンク: 傾向診断チャート、あなたは空気が読めているか.

上のリンクから自分が空気を読めているか、チェックしてみると・・・私は空気が読める度70%だそうで。わたしゃてっきりゼロ%だと思っていましたがね。

あなたは人の表情や様子その他を、わりとよく観察しているタイプ。本音を読みとるのもなかなか上手です。もちろん空気を読むことに関しても、人並み以上に上手にやってのけるでしょう。ただ空気は読めても、それに応じたリアクションが取れないことがしばしば……。たとえばお通夜のような空気の中で誰かが何かひとこと言えば活気が出るとわかっていても、自分がその役をやるのはカンベンして欲しいという感じでしょう。もしも失敗してさらに雰囲気を悪くしたらという心配から行動に出られないのでしょうが、こういう役目をうまくこなすのは慣れもあります。もしも今度機会があったら、思いきってムードメーカーの役を買って出てはいかが?

上の結果を読むと、「ただ空気は読めても、それに応じたリアクションが取れないことがしばしば」との記述は確かに当たっています。「もしも失敗してさらに雰囲気を悪くしたらという心配から行動に出られない」ああ、まさにその通りです。

この場で何を言ったらいいんだろう?と考えているうちに場面が転回してしまうことがしばしばあります。

ムードメーカーになれたらいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日曜日)

万歳三唱、手締め、頑張ろう三唱、全部大嫌い!!

労働新聞11月26日号の連載コラム「無痛文明に生きる」で大阪府大教授の森岡正博氏が、万歳三唱が大嫌いだと述べています。

全員がするのが当然だろうというようにして始まる、まったく拒否権がないかのような万歳三唱は、日本文化として世界に誇れるものなのだろうか。

と疑問を呈しています。森岡正博氏は全員が両手を挙げて万歳三唱をしているのに、ひとりだけ万歳をせずに、針のむしろに座らされた気分になったという。

多くの人はきっと「みんながしているんだから、肩肘張らずに一緒にすればいいじゃないか」それを拒めば、「それが嫌ならとっとと日本を出ていけばいいじゃないか」と脅されるだろう。私は今まで何度もこういう目にあってきた。日本のもっとも嫌いな一面である。

と締めくくっています。

私は万歳三唱もさることながら、頑張ろう三唱手締めも大嫌いです。なぜその場の全員が立ち上がり、拳を突き出して「頑張ろう!!、頑張ろう!!、頑張ろう!!」と大声を張り上げなくてはならないのか?そんなの一緒にナカヨク頑張りたいヤツだけが勝手に三唱しろ!!と言いたくなります。

それから飲み会の後の手締めも大嫌いです。どうして飲み会の参加者全員が立ち上がり、一本締めだか三本締めだかわかりませんが、なぜ唱和しなければならないのか。そんなの手締めが好きな連中だけでやればいいだろ?と思います。

最悪なのは「では小林さん手締めをお願いします」などと言われたときです。「嫌だ」と断りたいところですが、つい酔った勢いで手締めをしてしまいますが、何とも後味が嫌~な気分になります。

万歳三唱、頑張ろう三唱、手締め・・・これらの強要がカラハラ、アルハラ、パワハラへとつながっているような気がしてなりません。

軍隊ならこれらの強要も当然かもしれませんがね。体育会系もそうかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金曜日)

エノテカのヌーヴォー

016

こっちの方が美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ キュヴェ ヴィエイユ ヴィーニュ

014

これは、異業種交流会で名刺交換をした酒店から勧められて購入したものです。シャトー・デュ・シャテラールの最高級ヌーヴォーというふれこみで、本物を追求、樹齢60年以上の古木の葡萄のみ使用とありました。ちなみに5,000円でした。

数々の賞を取りまくっているとのことで期待していたのですが・・・今年はできが悪かったのでしょうか?それともこういう味のヌーヴォーなのか?私個人の好みとしては同じ5,000円を出すのならエノテカのヌーヴォーの方が味も香りもフレッシュで新酒っぽい。

ところがこのワインには新酒らしさをあまり感じられませんでした。そういうワインなのかもしれませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木曜日)

「ミシュランガイド東京」なんか出すなっ!!

リンク: asahi.com:ミシュラン東京版発売 星150店「納得」「疑問」の声 - 暮らし.

仏タイヤ大手ミシュランがレストランを星の数で格付けする「ミシュランガイド」東京版が22日、発売される。格付け結果の発表が19日にあり、星が並んだ店には問い合わせや予約が殺到している。一方、調査を受けたが評価されることに疑問を感じ、協力を断った店もある。料理評論家やグルメ本の発行元の間では、ミシュラン流の評価をめぐって賛否の議論がわき起こっている。

実は来年行く予定の仏料理レストランがありました。今まではギリギリでも余裕で予約が取れたのに、ところがこの本の三つ星として掲載されたおかげでホームページを見ると来年の1月一杯まで予約で一杯!!

事情があり、ギリギリまで予定が立たず、2ヵ月も前に予約をするわけにいきません。こんな本が出たおかげで行きたいレストランに行けなくなったのかと思うと本当に腹立たしい。

ま、この本に載っているからといって飛びつくヤツもバカだし、載っていなくても美味しいお店はいくらでもあるはず。

別のお店を探すことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水曜日)

終電に乗る高校生って一体???

11月の寒風は怒れる音を立てて吹きすさび、詰まりゆく冬の日は今やまさに日が替わろうとするとき、時刻はすでに0時近くの電車内や駅のホームに、制服姿の高校生をよく見かけます。

一体高校生が深夜まで何をしているんでしょうか?彼ら(彼女ら)はおしなべて真面目そうに見え、遊んで帰るようにも思われず?クラブ活動?塾帰りか?まさか深夜までクラブ活動や塾などやっているはずもなく???

オジサンには理解できません。両親も高校生の息子や娘が深夜の帰宅を何とも思わないのか?

恐らく、彼ら彼女らの両親は私と、ほぼ同世代(あるいはわたしよりちょっと下か)と思われますが、わたしにはその両親の精神構造も理解不能です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金曜日)

コリオール シラーズ (2005)

011

昨日の異業種交流会で、ワイン販売の業者の方が試飲用に持ってきていました。早速片っ端から試飲(^_^)b

一番美味しかったのは「コリオール シラーズ (2005)」でした。

014
↑コレです。

後はアイスワインやドイツワインでやたら甘かった・・・

販売会社のサイトを見ると

印象的な深みを持つ色をし、濃く背景が見えないほどのブラックルビー色で、縁は若々しく紫色がかっている。ノーズでは、力強く甘いフルーツのアロマがあり、ラズベリーとバニラの含みを持ち、グラスのなかで開いてくると、複雑な花のような、チョコレートやコーヒーのアクセントが伴う。ミディアム~フルボディ。驚くほど柔らかくしなやか、熟したベリー類の風味のしっかりとした核を持つ。エレガントで継ぎ目のないシラーズで、アロマは風味で反映され、更にスパイス、カラント、刻みタバコ、トースティーな含みがあり、巧みなオーク使いに支えられている。このワインは、しっかりとした余韻の長い、アルコール度が感じられる後味によってより良くなっており、この後味にはペッパーのような、アーシーなニュアンスがある。常に一貫した質を持つトップクラスのワインで、例外はない。お薦め。

いやいや、難しいことが書いてありますね。これぐらいの表現ができないとソムリエにはなれないのでしょうね?

ま、とにかくとても美味しい(この表現力のなさ!!)ので下記から買ってください。

コリオール シラーズ (2005)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー レゼルヴ /アンリ「BEAUJOLAIS VILLAGES NOUVEAU RESERVE /HENRI」

015

6本手に入れた(全て通販で5本はエノテカ)うちの一本、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー レゼルヴ /アンリ「BEAUJOLAIS VILLAGES NOUVEAU RESERVE /HENRI」を、例によってパソコンをしながら飲みました。

アンリのヌーヴォーの中でも、特に上質の果汁を抜き取り、高級仕立てにしたレゼルヴ。数量限定、毎年即完売の人気商品です。
赤いフルーツのアロマがグラスに注がれた瞬間広がります。

と、エノテカのサイトに説明がありました。大きめのグラスだと香りがとても引き立ちます、というか小さめのグラスを持っていないだけです・・・

すでに缶ビール1本と古酒少々飲んでいるので今日は、飲みきらずにおきます。昨日は飲み会が二次会まであり、明日も飲み会があるので少しは控えないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生の集団は薄気味悪い

近くの駅は朝と夕方の一定の時刻になると近くに高校があるためか、高校生で駅のホームも階段も自転車置き場も一杯になります。

その時間に電車に乗るときは本当にがっかりします。ああ、時間をずらせば良かった(ずらせれば、の話ですが)、と思います。

同じ年代、同じ服装の一団が一斉に駅を埋め尽くすんですよ。気持ち悪いったらありゃしない。

せめて服装だけでも自由なら、と思います。

そして、駅のホームや電車内での大騒ぎといったら・・・まるで小学生です。ピーチクパーチク、本当にうるさい。

と、いうものの自分もかつてはそんな時代があったんですよね。もう、遠い遠い昔の話ですけど・・・私は自転車通学だったので、ホームや電車内で騒いだことはありませんが。

昔の高校生も電車で大騒ぎしていたんでしょうか?私にはわからないのです。

ただ、同じ制服を着た薄気味悪い集団であったことは事実ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体を斜めのキャスターには鼻白んでしまう

日本では、いまから30年以上も前に、NHKのニュースキャスター磯村さんがアメリカのニュースキャスターをまねて始めたのが最初だと思います。

顔はテレビカメラをまっすぐ見つめて、体をやや斜めに傾けてしゃべるスタイルは当時は新鮮でした。

最近では興ざめしてしまいます。某テレビ局の番組など、日本人キャスターにカメラが切り替わると(スタジオはアメリカのニューヨーク)、気取って体をやや斜めに、顔はカメラをまっすぐ見つめてしゃべり出す。

私は、顔も体もまっすぐ前を向いてしゃべって欲しいと思います。斜めの体はどうも鼻持ちならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土曜日)

バー・レサシエル(Bar L'essentiel)へ

以前、六本木のカスク(CASK)に努めていたIさんが11月2日銀座にバー・レサシエル(Bar L'essentiel)というお店をオープンしました。

オーセンティックバー&本格ビストロと言うことで期待を胸に抱きつつ、昨日の金曜日に行ってきました。エレベーターから入り口へ続く廊下一杯に開店祝いの花束が並べられていました。

カスクもそうですけど、料理の旨いバーっていいですね。お薦めの料理を幾皿かいただき(すいません、名前を忘れてしまいました)。今度はメモを忘れないようにしたいと思います。

とりあえずのビールの後、写真のヘネシーX.Oマニファソンスというコニャック、スワロフスキーのブドウの房付きです。

017

↓料理はこれしか撮影しませんでした。チーズせんべいです。パリっとした食感がなかなかいけますよ。

014

ワインのつまみに最適です。

016 015

そのあと、タクシーで神保町のBonVivantへ。

013

看板を写したつもりが完全に飛んでしまいました。入り口に写っているのは一緒に行ったK氏です。

012

イタリアの新酒「ヴィノ・ノヴェッロ・テッレ・ディ・キエティ」、ボージョレ ・ヌーヴォーよりも一足早く11月6日解禁です!!

さあ、急いで楽天に注文しましょう!!

●イタリアの新酒●ファルネーゼ[2007]ヴィーノ・ノヴェッロ 750ml※航空便 【1025秋祭5】

011

これはオレンジで造ったグラッパで、とても香りが良く、食後に最適なグラッパ(Prime Arance)です。

010

締めは、スコットランドは最北のオークニー島で醸造されているダークエールビールです。黒いわりに、フルーティでとても飲みやすいビールです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木曜日)

タリスカー10年(TALISKER AGED10YEARS)

014

たまには力強いピートの香り、スモーキーな味わいを楽しみたくなり、買ってきました。本当はボウモアを買う予定でしたが、今日行ったお店では売り切れていたので、タリスカーを買ってきました。

シングルモルトウイスキーを飲むと気分が落ち着きます。潮の香りはスコットランドの海を思い出します・・・なんちゃって、本当は行ったことないんですよ(;´_`;)。いつか蒸留所巡りをしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日曜日)

美しき運命の傷痕

美しき運命の傷痕
美しき運命の傷痕
posted with amazlet on 07.11.04
ハピネット (2006/09/29)
売り上げランキング: 9484
おすすめ度の平均: 4.0
4 原題は「l'enfer(地獄)」

主演のエマニュエル・ベアールは私の好きな女優で「恍惚」なども、とても好きな映画です。

原題は「l'enfer(地獄)」ですが、ヨーロッパ映画はアメリカ映画と違い、原題そのものを訳しもせずにそのまま日本で邦題にしないところがいいですね。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」なんて、ふざけるな、と言いたくなります。

冒頭でかっこうが他の鳥の卵を巣の外へ放り出すシーンがあり、一体何を象徴しているんだろう?と思いながら見ました。

父親を踏み台にして、たくましく生きていく女性を象徴しているんでしょうか?

フランス映画らしく、とても暗く陰鬱なシーンが続きます。暗い室内で顔だけが赤黒く浮かび上がるシーンが長く続いて、気が滅入る。

時々明るい屋外のシーンになるとホッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16ブロック

16ブロック
16ブロック
posted with amazlet on 07.11.04
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007/02/02)
売り上げランキング: 11954
おすすめ度の平均: 4.0
3 暇つぶしの佳作
3 ダイハードには勝てませんが
3 地味です。ダイハードだとは思わないでw

昨日の夜、WOWOWで見ました。冒頭近くのシーンでアタマの薄くなった口ひげを蓄えたやつれた刑事が登場しますが、よもや、まさか、あれがブルース・ウィリスとは思いもよらず。

全身に刑事という仕事に対するやる気のなさを漂わせています。見事な演技です。

ダイハードの頃と比べるとずいぶん老けました。やくどころも足の悪い酔っ払いの刑事です。ダイハードほどのアクションシーンはありませんが、若かった頃は、きっと機敏な刑事だったのでしょう、早撃ちシーンはお見事。

ここから先は見た人とラストが解ってもかまわない方のみ読んでください。

続きを読む "16ブロック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土曜日)

exwalker(エクサウォーカー)でめたぼ改善?

リンク: asahi.com:おなか・おしり引き締め 男性向け下着開発 ワコール - ビジネス.

ワコールは31日、はいて歩くと運動量が増え、おなかやおしりが引き締まる効果が期待できる男性向け下着を開発したと発表した。婦人下着大手の同社も男性下着市場では現在、シェアは1%程度。メタボリックシンドロームに注目が集まり、体形を意識する男性が一層、増加すると見込まれるなか、新機能を売り物に販売増を狙う。

商品は「exwalker(エクサウォーカー)」という名前で、ひざ上からおしりにかけて全体を包むガードルのような形をしており、太ももの前部分に弾力性の強い素材をX字形に組み込み、足を前に出す時に太ももの筋肉を刺激することで、ひざが伸びて歩幅が広がり、運動量が増えるとか。

ワコールの男性社員が試したところ、着用後3カ月で7割の人の体重が減り、9割で体脂肪率が減り、ウエストも8割が細くなったとか。

来年4月からメタボリックシンドロームなどに着目した特定健診や保健指導が始まるのを前に、まず年明けから企業の健康保険組合を通じて販売します。

同社は女性用下着では、「おなかウォーカー」など今回と同様の商品を計600万枚販売していますが、おなかウォーカーは5000~6000円します。

新商品のエクサウォーカーの健保での販売価格は「それよりは安くなる」そうです。店頭での販売は来年春からの予定で、価格は未定とのことですが、それでも数千円はするんでしょうね。

これでめたぼ改善に取り組むとしますか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金曜日)

かんだ光寿

昨日の夜、行ってきました。まず、水道橋の(社)東京都高年齢者雇用開発協会へ顧問先の継続雇用定着促進助成金の申請へ。

2件の申請だったので4時頃手続が終わるつもりだったのにガラ空きで、手続も順調に進み、3時頃に終わってしまいました。

かんだ光寿は7時の予約だったので4時間をどう時間を潰してすごそうか、結局、丸の内オアゾの喫茶店でソフトクリームなど食べながら読書をして少々時間を潰し、丸善で立ち読み、システム手帳用の地下鉄路線図を買いましたが、帰宅して調べるとすでに持っているのと同じものを買ってしまったようです。

ああ、私は一体何をやっているんだろう・・・書籍ではよくあることです。まだ読んだことがないと思い、買った後で、ああ、この本は以前買ったことがある、と。

まあ、なんとか時間を潰して神田には6時半到着。

008
これは、たしか東一のワイン樽貯蔵もの。香りも味も白ワインのようでした。

006
ワイン樽もの三種。左から東一、御湖鶴、東洋美人。

007
なんとコレがお通しです。実はこれは二点目で、最初にこれとは別に一皿でてきていたのです。値段も結構なもので、1,280円。日本酒を楽しむのならお通しだけで十分かもしれません。

005
これは「いぶりがっこ」、たくあんの燻製です。酒の肴にぴったりですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »