« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007年12月30日 (日曜日)

膝から下に赤い斑点が、一体何故?

どうも最近、膝から下に赤い斑点がいくつかできて不思議に思っていました。そんなある日のことです。

続きを読む "膝から下に赤い斑点が、一体何故?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木曜日)

黒ビールは常温で

034

先日、ラジオのDJが自分は黒ビールは常温で飲んでいる、常温で飲む黒ビールは旨い、などとしゃべっているのを聞き、まさか、と思いつつ、だまされたと思って実験開始。

部屋に一日放置して置いた黒ビールをグラスに注ぎ、おそるおそる飲んでみると・・・おっ!!これは旨い、冷やして飲むよりかえって旨いじゃありませんか。

黒ビール独特のクセが無くなってとても飲みやすくなります。皆さんも是非常温の黒ビールをおためしあれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タンクレディ 2004 ドンナフガータ

026

イタリアのとてもコストパフォーマンスの高いワインです。ネロ・ダヴォラ、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンドです。なめらかに喉元を通り過ぎる感覚が好きです。タンクレディとはロッシーニのオペラからとった名前です。ちなみにタンクレディは男性。フルボディでとてもコクがありますが飲みやすい、言うこと無しです。

新宿伊勢丹で買うと4,515円します。楽天なら若干安くて4,284円、ただし送料が500円かかります。下記よりお買い求めください。

タンクレディ 2004 ドンナフガータ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日曜日)

デスラー総統のワインセット、涙がちょちょぎれそう

リンク: 宇宙戦艦ヤマト デスラー総統 ワインセット - バンダイネットワークス ララビットマーケット.

1974年のTVシリーズ放送後、社会現象となったSFアニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」。「劇場版 宇宙戦艦ヤマト」(1977年)公開30周年を記念し、「宇宙戦艦ヤマト デスラー総統ワインセット」が登場!「宇宙戦艦ヤマト」の西崎義展プロデューサー総監修の元、作品に登場するガミラス帝国総統デスラーをモチーフに、総統のシルエットをあしらいました。記念商品に相応しい豪華セットです! ※本セットは、ガミラス帝国 デスラー総統より、優秀な功労を挙げたガミラス艦隊隊員に授与されるというコンセプトにて商品化いたしました。

いやいやいや、デスラー総統ですか。名前を聞いただけで涙がちょちょぎれそうです。今から30年以上も前ですよね、宇宙戦艦ヤマトが初めてテレビアニメで放映されたのは。

当時、私は三無主義の高校生(無責任・無関心・無感動)まっただなか。かのアニメは再放送から人気が出たんですね。当時はあまり話題にも上りませんでした。

さて、デスラー総統と言えば顔色の悪さ、そしてダースベイダーとともに悪役ながら人気のキャラクターですよね。

ああ、このワイン欲しくなってきた。ええい、思い切って買ってしまおうか?ついでにウルトラセブンのワインセットも買っちゃえー!

でも、なぜでしょうかね、悪役の方に魅力を感じるというのは?スター・ウォーズでもルーク・スカイウォーカーよりもダース・ベイダー、宇宙戦艦ヤマトでは古代進よりもデスラー総統が魅力的。

テレビアニメや映画を見ているときにはなんて憎らしい嫌なヤツなんだ、と思っていたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金曜日)

クレモンティーヌ/メイド・イン・フランス

made in france(CCCD)
made in france(CCCD)
posted with amazlet on 07.12.21
クレモンティーヌ
EMIミュージック・ジャパン (2005/06/15)
売り上げランキング: 51466
おすすめ度の平均: 4.0
3 CCCDなのが残念
5 一日中聴いています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日買いに行きます、第三のビールキリンとサッポロ

リンク: NIKKEI NET(日経ネット):主第3のビールは「香り」で勝負、キリン対サッポロ・新製品バトル .

ホップの香りと泡立ちを強調した第3のビールが相次ぎ登場した。キリンビールの「スパークリングホップ」とサッポロビールの「ドラフトワン スパークリングアロマ」だ。どちらもビールの苦みを生む原料のホップを、香りを引き出す素材に初めて活用した。

スパークリングホップはビールでなじんだホップの香りで、スパークリングアロマは果実のような香りがそれぞれ引き立つということで、明日近所のディスカウント店へ繰り出してみようかと思いますが・・・そのお店、新製品がなかなか並ばないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水曜日)

「シェーン」の著作権消滅

リンク: 「シェーン」格安版OK…53年映画、著作権は消滅.

映画の著作権保護期間を50年から70年に延長した法改正が、施行直前の2003年末に50年の保護期限を迎えた「シェーン」など1953年公開作品にも適用されるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は18日、「保護期間が延長されるとした『文化庁の見解』は法案提出の準備をした担当者の見解にすぎない」との初判断を示した。

最高裁はシェーンの格安版DVDの販売中止を東京都内の2業者に求めた米映画会社など2社の上告を棄却しました。ついに著作権消滅を認めた一、二審判決が確定しました。

ああ、シェーンと言えば、懐かしいですねえ。その昔、毎日自殺ばかり考えていた浪人中、予備校の授業にもついていけず、カネもなく、授業をさぼって立川をうろうろしていました。

当時、立川には立川名画座といのがあって、映画の3本立てだったか5本立てだったか、過去の名作を格安で終日上映していました。

そこで見たのが、卒業シェーンです。卒業ではクスクス、クスクスと若い女性の観客が笑っていたのが理解できませんでした。Simon & Garfunkelのスカボローフェアをバックに主人公がスポーツカーを走らせるシーンが印象的でした。

シェーンではあまりにも有名になったラストシーンも当然のことながら、主人公のガンマンに刻まれた額の深いしわが妙に印象的でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月15日 (土曜日)

BAR酒場へ

木曜日に行ってきました。もう1ヶ月以上前から?ワクワク楽しみにしていたので、イソイソと出かけてきました。

秋川からJRで拝島へ、拝島から西武線各駅停車で中井へ(拝島から1時間じっくり寝ることができます)、中井から大江戸線で六本木へ。

ところが六本木から会場のBAR酒場までは歩くと結構時間がかかりました。20分ぐらいかかったでしょうか。

六本木駅から高速道路沿いの六本木通りを渋谷方面に歩いたのは初めてです。六本木一丁目方面にはしばしば歩いていますが。

駅からかなり離れてもずーっと飲食店やオフィスが並んでいるのに新鮮な驚きを感じつつ・・・小さなアマンドも見つけました。

そして三井ビルの先を左に曲がり日赤通りをちょっと進んだところに目指す、BAR酒場がありました。住所は南青山ですが、道路の反対側は西麻布と広尾なんですねえ。

6時半に到着したときには、まだ誰も来ておらず、カウンターにてギネスを飲み始めたところで続々とメンバーが揃いました。

いつもわたしの次には到着するJ氏が今回はなかなかやってきませんでした。今回は北海道から愛知、山口まで全国から集まってきました。

このお店は安くて美味しくて良いお店です。ただ、交通の便がちょっと・・・広尾からは近いらしいので、今度は広尾で降りるか・・・いや、六本木まであるくのは酔い覚ましとメタボ板策ににちょうど良いかも。

このお店は、某女子プロレスラー夫妻も常連だそうで(きっと広尾あたりの高級マンションに住んでいるのでしょう)、三日にいっぺんぐらい通っているとか。この夫妻がワインセラーにキープしたお酒を見てびっくり。ロマネコンティやオーパスワンのマグナムボトルが入っているではありませんか。その他にも何本も・・・

そして、例によって私は、一番盛り上がっている最中に途中退席。こればかりは残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エノテカのヌーヴォー6本目

027

ついにエノテカのヌーヴォーも6本目、最後の一本です。あまり取っておくとヌーヴォーではなくなってしまいますからね。

最後の一本は白です。白とはいえ、香りを味わおうと、大きめのグラスに注いでみましたが、それほど、香りはしませんでした。以前、伊勢丹新宿店でティスティングした白ワインが、やはり大きめのグラスに注いで貰い、あたかも赤ワインであるかのような、芳醇な香りがしたのとは対照的です。

今、飲んでいるこの白ワインはとてもあっさりとして飲みやすいですね。フレッシュで・・・当たり前ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火曜日)

Casato CHIANTI 2004 (キャンティ)

026

今日、顧問先の酒店へ集金に行ったついでに買ってきました。1,029円と、とても安かったので失敗してもかまわないと思いつつ・・・

ところが意外や意外、こりゃなかなかいけます。

気軽に飲めるイタリアの赤ワインでチェリーの香りが心地よい、などとラベルに書いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日曜日)

26年マッカランが600万円!!

26年マッカランに600万円:nikkansports

競売大手クリスティーズは8日、1920~33年の禁酒法施行以後、ニューヨーク州では初めてとなる蒸留酒のオークションを行い、1926年物のスコッチウイスキー「マッカラン」が5万4000ドル(約600万円)で落札されたと発表した。同社による競売で落札されたスコッチでは過去最高額という。

歴史的な価値があり、ワインと違い長い年月にわたって楽しむことができるのは確かでしょうが、味はどうでしょうか。

ヴィンテージワイン同様水に近くなっているとしたらガッカリですね。600万円ほどの価値はないと思うんですがどうでしようか。

以上、貧乏人の負け惜しみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金曜日)

エノテカのボジョレー・ヌーヴォー5本目

028

ついにエノテカのボジョレー・ヌーヴォーも5本目です。残すところ白一本となりました。このワインは香りも味もとてもフレッシュでした。非常に口当たりの良いワインです。まさにヌーヴォーです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 6日 (木曜日)

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956

ハンガリーの実話銀座のシネカノンで見てきました。ソ連に翻弄され、蹂躙されるハンガリーで自由を勝ち取るために立ち上がった人々。時代はハンガリー動乱の1956年です。

夜間のデモシーンで明かりを消された人々が手に持った紙に火をつけ、次々と明かりがともるシーンはとても美しい。

ここから先はラストが解ってもかまわない方のみお読み下さい。

続きを読む "君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エノテカのボジョレー・ヌーヴォー4本目

025

エノテカで買った6本セットのボジョレー・ヌーヴォーも4本目です。あと赤が1本と白が1本残っていますが、早く飲まないとヌーヴォーではなくなってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォーヌ・ロマネ(vosne romanee)

026

改装後初めて、伊勢丹新宿店のワイン売り場に行ってきました。ずらりと並んだワイン、しかしリーズナブルなワインばかり並んでいます。

別に高級ワインを買うつもりはありませんが、目の保養に見てみたい、しかし売り場にワインセラーがありません。

普通デパートのワイン売り場といえば、一角に個室としてワインセラーが存在するはずなのです。

伊勢丹はコンセプトを変えたのかな?と思い案内図を見ると、確かに大きなワインセラー、そしてティスティングコーナーが・・・

迷っていると、店員が近寄ってきて「お探しの場所がございましたら、ご案内いたします」という。

そこで案内して貰うことにしました。

続きを読む "ヴォーヌ・ロマネ(vosne romanee)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火曜日)

L'essentiel レサシエルへ

銀座のL'essentiel レサシエル - Authentic Bar&本格ビストロへ行ってきました。

先週の土曜日に。6時過ぎに到着したときには先客はゼロ。しかしほどなくカウンターは満員となりました。

バーテンダーの方はお休みだったのでしょうか。シェフとオーナーが大忙しでした

ホームページを覗いてみると、おお、完成しつつあるではありませんか。

続きを読む "L'essentiel レサシエルへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »