« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008年12月31日 (水曜日)

もう酒は飲まない、と誓った一日

昨日の忘年会では飲み過ぎたようです。調子に乗って皆さんに失礼なことを言ってしまったのではないか、気がかりです。

お店を出たのは10時過ぎだったでしょうか。

電車に乗るたびに爆睡していたはずなのに、有楽町から東京、東京から立川、立川から拝島、拝島から秋川、と一度も乗り過ごすことなく乗り継いで帰れたのが不思議です。奇跡としか思えません。

帰宅後はシャワーも浴びる気にさえならずにベッドへ倒れ込みました。

今朝、目覚めると額になにやら違和感があるではありませんか。よく確認して見ると、なんとかさぶたsign02

両手の甲と左膝にも傷がついているではありませんか・・・coldsweats02

どこで怪我をしたのか、記憶がなかなか戻りません。よーく思い出してみると、駅のホームか階段で転んだような記憶かすかにあるようなないような・・・

と、いうことは昨夜は禿頭に血をにじませたまま電車に乗っていたということにcoldsweats01

今日は終日、昨日のお酒の味が喉の奥に残っていました。もうお酒は飲むものかsign03と必ず翌日には破られる誓いを新たにしました。

一旦は起きたものの、昼頃までウツラウツラしていました。やっと起き上がると、ああ、そうだ、事務所のカレンダーを来年のものと取り替えよう、と事務所の鍵がありません。

あらゆる引出や服のポケット、バッグを探してみましたがどうしても見つかりません。

きっと昨日、駅の自転車置き場で落としたに違いない、と思い、自転車で秋川駅へ向かいました。走る車も少なく、凛とした冬の空気を頬にうけながらの、ちょっとしたサイクリングは二日酔いの頭にとって実に心地よいものでした。

結果、自転車置き場に鍵は落ちていませんでした。すぐ近くに駅前派出所があるので、鍵の落とし物があるか、尋ねたところ、ないと言われ、意気消沈して帰宅。

ふと、トイレで「ひょっとするとベッドの向こう側に落ちているのでは?」と頭にひらめきましたflair

まさか、ひょっとすると、いやいや、など様々な思念が頭を駆け巡る中、トイレを飛び出すと、ベッドに飛びついて向こう側をのぞき込むと・・・ありましたーhappy01

ああ、良かった。これで安心して年が越せる。

皆様、酔いお年をwinebottlebeerbar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バー・レサシエル(Bar L'essentiel)での忘年会は今年二度目

昨日は、銀座のバー・レサシエル(Bar L'essentiel)で今年最後の忘年会でした。レサシエルでの忘年会は12月3日に続いて二度目です。

6時開店と同時にマスターに作ってもらったのが、知る人ぞ知るヴェスパー・マティーニ

映画「007カジノ・ロワイヤル」でダニエル・グレイグ分するボンドがカジノにて「ジン3にウォッカ1、キナ・リレ1/2、レモンピールのスライス(three measures of Gordon's; one of vodka; half a measure of Kina Lillet. Shake it over ice, and add a thin slice of lemon peel. )」と注文したのがきっかけで、世界中のボンドファン、マティーニファンから「キナ・リレって一体何だ?」と大きな話題となり、フランスの酒造会社リレ社にリレの注文が殺到。

キナ・リレは残念ながら現在は製造中止となっていて、後継となる銘柄はリレ・ブランです。

ところが、従業員が10名もいないリレ社ではリレ・ブランの注文がさばききれず、日本には入ってこなくなってしまいました。

幸い、某所からリレ・ブランを手に入れることができたので、早速バー・レサシエルに待って行き、作っていただきました。

非常に強いカクテルですが、このヴェスパー・マティーニは口当たりが良くてまろやか、さっぱりした味わいです。ほんのりと甘みも感じられます。 調子に乗って飲むととんでもない目にあいそうです。

ちなみに、このマティーニの名称はボンドガールのヴェスパー・リンドにちなんだものです。

Dsc00125

ヴェスパー・マティーニを作っていただいたオーナーの井上さん。奥の方で遠慮しているのがバーテンダーの草場さん。元自衛隊員です。

Dsc00126

写真はヴェスパー・マティーニとストレートのリレ・ブランです。

Dsc00127

次々と運ばれてきた料理。

Dsc00128

Dsc00129

Dsc00131

白ワイン、赤は三杯ぐらい飲みました。それからバスペールエールビールも飲みました。

Dsc00134

Dsc00135

ギブソンのオン・ザ・ロック

Dsc00136

Dsc00137

一人1つずつのチョコレート

Dsc00139

この頃には相当酔っていたと思われ・・・

Dsc00140

ピンぼけです。もはやピントも合わなくなり・・・

Dsc00141

菊村ビル外観二枚。ここの四階にバー・レサシエル(Bar L'essentiel)が入っています。

Dsc00142

Dsc00143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日曜日)

世界の山ちゃん田町三田口店で忘年会

昨日の土曜日、世界の山ちゃん田町三田口店で忘年会を開きました。4,000円で飲み放題、時間は2時間半の限定です。

食べ物不足を懸念しましたが、結局手羽先など沢山余ってしまいました・・・結構飲んだつもりですが、今回はビールとアルコール度数の低いカクテルばかり飲んだので、帰りの山手線内で酔いが醒めてしまい、意識がはっきりした状態で帰宅しました。

こんなことは滅多にありません!!

他の多数のメンバーは二手に分かれて二次会に繰り出したようです。一組は広尾のバー酒場へ、もう一組は代々木の魚民へ・・・ちなみに魚民のメンバーは朝まで飲み続けるらしいですよwobbly

ああ、広尾と代々木、二手に分かれたメンバーに、今は亡き後ろ髪を2つに引き裂かれる思いで、帰路につきました。

Dsc00106

Dsc00107

Dsc00108

Dsc00110

Dsc00111

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日曜日)

六本木のカスク(CASK)で忘年会

1年以上ご無沙汰の六本木カスク(CASK)で忘年会を開催しました。

開店直後に駆け込みました。

Dsc00079_2

個室に入ったのは初めてです。テーブルの脚が、なんとウイスキーの樽でできてきるではありませんか!おまけに天井らにも樽が・・・そして壁一面に並べられた洋酒の数々。これは相当お金がかかっていますね。

Dsc00080_2

まずは先着3名で乾杯beer

Dsc00081_2

山崎50年、写真だけ・・・

Dsc00088_3

宴もたけなわ、の二枚。

Dsc00090_2

Dsc00091_2

カスク3周年記念ボトルと5周年記念ボトルの飲み比べです。

Dsc00092_2

Dsc00093_3

モエ・エ・シャンドンのロゼ

Dsc00095_2

モエ・エ・シャンドンのロゼとカスク3周年記念ボトルと5周年記念ボトルを飲み比べ。

Dsc00096_2

メニューにない裏メニューの餃子、これがまた旨いんですよgood

Dsc00094_2

チーズの盛り合わせ。しかしこんなにバブリーなお店で忘年会など開いていいんでしょうか?今年の忘年会は居酒屋チェーンで安く済ますのが主流だと言うのに・・・

Dsc00100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木曜日)

やった、JRのホームが全面禁煙だ!!

リンク: NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-JR東日本、首都圏の駅ホームを全面禁煙に.

ついに、JRのホームが待ちに待った全面禁煙だ!!今までホームの端に行くとタバコがプカプカプカプカ・・・本当に閉口しました。

煙が風に乗って流れてきますし、時々ホームの中程からタバコに火をつけてプカプカやりながら、喫煙所まで歩くバカがいましたからねえ。

本当に良かったhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金曜日)

バー・レサシエル(Bar L'essentiel)で忘年会

水曜日に銀座のバー・レサシエル(Bar L'essentiel)にて、初めて個室を予約し、同業者の男ばかり5人sweat01で忘年会を開催しました。

3,500円のハッピーコースを注文し、後は色々と飲み物を注文・・・

結構おいしかったですねえ。特にビーフストロガノフと赤ワインの良く合うことといったら・・・

せっかくデジカメを持って行ったのに撮影を忘れてしまいました。

写真は、銀座2丁目の伊東屋から7丁目のレサシエルに向かう道すがらの、クリスマスイルミネーションです。

Dsc00068

Dsc00069

Dsc00070

実は、大手町の某外資系大企業のお客さんと午後3時半から4時半頃まで、打ち合わせをし・・・高層ビルの最上階で、受付がまるでホテルのロビーのよう、しかも片隅にはバーがあるではありませんかwine

さすがは外資系大企業、恐れ入りました・・・

打ち合わせが終わり、銀座へ。伊東屋でノートを買おうとするも、レジが大行列(ざっと20人くらいは並んでいたでしょうか)であきらめました。

そして、H&Mの近くを通り過ぎると、開店直後の3時間待ちの行列はどこへやら、行列している人など全くいませんでした。

飲んだワインは以下のワイン。値段の割には、とても深みがあっておいしいと思います。

【シミー】 カベルネ・ソーヴィニヨン"アレキサンダーヴァレー" [2005]● 当ページ内SIMI6本で...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »